エコとは何か?

2035年にガソリン車の新車販売を禁止

最近テレビで環境保全に関する特集をよく見るようになりました。

様々な取り組みが紹介されているのを目にします。

 

CO2排出量削減のために2035年までにガソリン車の新車販売を禁止すると

政府も発表していますよね。

 

環境保全への取組自体は素晴らしいことで推進していくことには賛成ですが、

ガソリン車 → 電気自動車への移行に関しては疑問を持ちます。

 

電気自動車にすることで果たして本当にCO2排出量削減になるのでしょうか?

確かに電気自動車は走行中はC02の排出量はゼロなので、

そこだけ見ると削減されるように見えます。

 

しかし、自動車を製造する過程に排出されるCO2まで視点を広げるとどうでしょうか?

 

電気自動車の製造時に発生するCO2排出量はガソリン車に比べて遥かに多いそうです。

さらに電気自動車はある程度走行するとバッテリを交換する必要があるため

そこも考慮しなければいけません。

 

充電するための電力を作るためにも、現状では火力発電が主流のためCO2が発生します。

 

トータルで考えるとドッコイドッコイな気がします。

 

自動車メーカーのマツダさんが発表した論文によると、いくつかの前提条件がありますが

10万キロくらいまではガソリン車がトータルの発生量が少なく、

それ以上になると電気自動車が少なくなるそうです。

 

10万キロ以上走ってる車に乗る人ってどれだけいるんでしょうね?

中古車でも10万キロを超えた車を選ぶ人は少数派だと思われるので

現時点ではガソリン車のほうがトータルで考えると有利なんじゃないかと思います。

 

この先、自然エネルギーを利用した発電など

発電によって発生するCO2量が減ればどんどん電気自動車が有利になっていくと思います。

 

ただ、日本の主要産業である自動車は電気自動車に移行してしまうと

優位性がほとんどなくなるので自動車関連の企業は軒並み大ダメージを受けると思われます。

(電気自動車はガソリン車と違って技術力をほとんど必要としないため)

 

経済への影響も考えると現時点で電気自動車への移行を決定していまうのは

早計なのではないかなというのが正直な感想です。

 

 

他にも様々な取組がメディアで取り上げられていますが

本当に環境保全という目的に合致しているのかを見極めて行動しないと

逆に環境を壊すことに加担することになりかねないのではと思います。

 

エコというフレーズを聞くとなんでも正しいことのように聞こえますが

本当のエコとは何かをしっかり考えて行動したいと思います。

 

それではまた。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました