欲しいと必要

雑記

私と妻では判断基準が違う

私は「欲しい」でモノを買い、妻は「必要」でモノを買う

 

私の経験から導き出した結論です。

共感される方もいると思うんですがいかがでしょうか?

 

 

これを強く感じたのはiPad miniを買った時の妻とのやり取りです。

 

 

私がiPad miniが欲しいと妻に打ち明けたときのことです。

 

 

妻からはまず一言。

 

何に使うの?

 

次に

 

iPad持ってるじゃん。

 

 

まあ確かにそうなんですけども。

必要かと言われれば無くても支障はないんですけども。

 

 

それでも欲しいと思ったから相談したわけです。

 

 

この件に限らず、私が欲しいと言うと大抵

何に使うの?

もう似たようなのがあるじゃん。

という言葉が返ってきます。

 

 

そこで気づきました。

 

あ、欲しいから買う私と必要だから買う妻。

 

 

そもそもの基準が違うから毎回揉めるんだなと。

 

 

 

必要だから買うのは当然です。

かといって必要なモノしか買わないというのもどうなんでしょう?

 

 

必要かどうかはわからないけど買ってみたら満たされた。

必要なモノしか買わなかったらこんな経験は出来ないわけです。

 

 

自分にとって何が必要かなんて完璧にはわからないんですから。

 

 

もちろん失敗もたくさんします。

買ってみたけどやっぱり要らなかったなんてことはよくあります。

 

だからと言って失敗を恐れて必要なモノしか買わないとなると味気ない生活になるでしょう。

 

 

なんていうことを行きつけの美容院の店長と話して大いに共感してもらいました。

 

 

ただ、欲しいモノばかり買って生活が立ち行かなくなるというのもマズいですし、状況によっても変わります。

要はバランスですがこれがまた難しい。

 

 

 

何を基準にしてモノを買い、何にお金をかけるのか。

 

 

永遠のテーマです。

 

 

 

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました