今日は保育園の公開日

子育て

保育士さんってマジですごい

今日は娘の保育園の公開日でした。

 

1週間開催されており、好きな日を選んで

午前中いっぱい子どもがどうやって保育園で過ごしているのかを

実際に見ることが出来ます。

 

妻と相談し、私が行くことに。

何人来ているかなとドキドキしながら行くと

はじめの30分は私一人。

 

その後、娘の同級生のお父さんが来られて

まさかの父親二人だけという予想外の状況でした。

 

園児は友達の親がいるのが面白いのか

娘含めて、全員がものすごいテンション。

 

叫びまくりで耳がいかれるかと思うくらいです。

 

娘だけでなく娘の友達もガンガン絡んできます。

あまり子どもの相手が得意ではないので(自分の子ども以外)

どう接していいかわからず四苦八苦。

 

しばらく、室内で遊んでからみんなで園庭に出ます。

 

昨夜は大雨で園庭は水溜りだらけ。

気温も低かったので今日は外で遊ぶことはないだろうと

油断していたのでビックリ。

 

こんな状況でも外で遊ばせるんだなと驚きました。

 

水溜りは泥水で茶色く濁っています。

頼むから水溜りに入ってくれるなよという願いも虚しく

園児たちはどんどん泥水に入っていきます。

 

もちろん娘も。

 

靴もズボンもドロッドロにしながら

寒い中、何度も何度も水溜りに入っては走り回ります。

 

そんな子どもが何人も。

中には転んで水溜りにダイブする子もいます。

 

叫び声や泣き声、笑い声など色んな種類の大声が

そこら中から聞こえてきます。

 

なんという光景。。。

 

これを毎日相手にしている保育士さんって本当にすごいな。

心の底から思いました。

 

わずか半日でしたが

私が保育士だったら2,3人引っ叩いていたことでしょう。

 

保育士さんは若干引きつりながらも皆さん笑顔で対応してくださいます。

トイレトレーニングや箸の持ち方、着替えやおもちゃの片付けなど

全部子ども一人で出来るように教育してくださいます。

 

保育園の存在は本当に有り難い。

保育園に行ってなければ出来ていないことがたくさんあったと思います。

 

そんな感謝の気持ちを抱くことが出来た1日でした。

 

 

それではまた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました