子ども時代に覚えた知識がいつの間にか変わっている

雑記

ダウンスイングの嘘

小学生の頃、地元の少年野球チームに参加していました。

 

当時は毎日テレビで野球中継を放送しており、

父が見ていたので自然と野球に興味を持ちました。

 

 

最初は遊びみたいな感じのチームから始まり、

徐々に本格的になって来てユニフォームを揃え、試合に出るようにまでなりました。

 

遊びの頃は楽しかったんですが本格的になるにつれ練習が嫌になりました。

始めるときに最後まで続けることという父との約束を守るためなんとか卒業まではやりきりましたが

途中からは嫌でしょうがなかったのを覚えています。

 

そこで習ったダウンスイング。

バットを振るときはボールを叩きつけるように振れ。

そう習いました。

 

プロ野球を見ていてダウンスイングしてる選手なんかいなくないか?

叩きつけるようにバットを振ったらホームランとか無理じゃないか?

と疑問には思いつつもコーチがそう言うなら間違いないだろうと信じて練習していました。

 

まあバッティングは苦手でそもそも全然打てていませんでしたが。

 

 

そして、先日驚きのネット記事を見つけました。

ダウンスイングを教えるなんて有り得ないと言うのです。

 

なぜ少年野球でダウンスイングを教えていたのか

それについても解説されていました。

 

理由① 少年野球は整備されていない場所でやることも多いので

転がったボールがイレギュラーになりやすい

 

理由② 少年野球は守備が未熟な選手が多いので

転がしてエラーを期待したほうが出塁率が上がる

 

 

この2つの理由からダウンスイングを推奨していたそうです。

 

なるほど。

少年時代にダウンスイングに疑問を持った私は正しかったなと今更ながら納得しました。

 

誰だったかは忘れましたがプロ選手もYouTubeで言っていました。

 

ピッチャーが投げたボールは重力の影響で必ず落ちながらキャッチャーまで届く。

だからダウンスイングをするとバットの軌道とボールの軌道は点でしか交わらない。

 

アッパースイングなら軌道は線と線で交わるから当たる確率もグッと増すと。

 

子どもの頃に信じていた知識が間違いだと大人になってから知る。

この例に限らず、色々ありますよね。

 

昔覚えた知識が絶対だと思っているといつの間にか取り残されてしまうかもしれません。

時代に合わせて常に知識をアップグレードしないと「おっさん」になってしまうなと

野球の話を読みながらふと感じました。

 

 

それではまた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました