仕事があるだけ有り難い

仕事

現状に感謝する難しさ

先日会社の売店でこんな言葉を耳にしました。

 

仕事があるだけ感謝、感謝。

 

 

協力会社で働く年配の女性が

売店の店長に去り際に放った言葉です。

 

すごいなって思いました。

 

それも何気なくさらっと。

普段から本当にそう思ってるんだなと感じられる口調でした。

 

仕事があるだけでも有り難い

という言葉の意味はわかります。

 

しかし、私は大学を卒業してすぐに今の会社に就職したので

仕事がなくて困るという経験をしたことがありません。

 

本当の意味でこの言葉を理解出来ていません。

 

どうすれば理解出来るんでしょうね。

日々感謝の気持ちを持つよう心がければいずれ

本心から仕事があるだけ有り難いと思える日が来るんでしょうか。

 

そう思える日が来たら

仕事がめんどくさいとかだるいとかサボりたいとか

思わなくなるんでしょうか。

 

自分がどうなるかを知るために

感謝の気持ちを持つというトレーニングを続けていこうと思います。

 

それではまた。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました