伊藤巧選手セントジョーンズリバー戦優勝!

雑記

書かずにはいられない

なんと伊藤巧選手がB.A.S.S.バスマスター・エリートシリーズ最終戦

St. Lawrence Riverにて優勝しました!!!

 

と言ってもなんのことやらさっぱりの人がほとんどだと思います。

 

B.A.S.S.バスマスター・エリートシリーズというのは

アメリカで行われているバスフィッシングの大会です。

 

そこで日本人であり、私と同い年の伊藤巧選手が優勝したのです。

 

これがどれほどスゴイことかピンと来ないと思います。

 

アメリカではバスフィッシングはプロスポーツとして大人気です。

 

そのため大小様々なカテゴリーに別れており、

その中でもB.A.S.S.バスマスター・エリートシリーズというのは

最高峰のカテゴリーで下部カテゴリーを勝ち抜いた精鋭のみが出場できる狭き門です。

 

そしてエリートシリーズの優勝賞金はなんと10万ドル!

 

1000万円超えです!

 

どれだけの快挙かなんとなくわかってもらえたでしょうか?

 

私は結婚するまではバスフィッシング漬けの日々を送っており、

平日は早く仕事が終わればスーツのまま釣りへ。

土日はほぼ全て釣りへ。

という生活でした。

 

もちろん伊藤巧選手も昔から知っており、DVDも何本も持っています。

 

同い年ということで親近感も持っていました。

 

子どもが生まれてバスフィッシングからは離れてしまいましたが

それでもこの快挙は感動せずにはいられません。

 

本当にすごいです。

 

異国の地アメリカでのトーナメント参戦がどれほど大変か。

 

B.A.S.S.バスマスター・エリートシリーズは年間で9戦あり、

車でボートを引っ張って各地を周りながら試合をしていきます。

 

その移動距離は凄まじく、3000kmの移動もざらです。

またトーナメントに参加するにはトーナメントフィーも払わねばならず、

他にもガソリン代、車代、ボート代、宿泊費、食事代、釣具代など

参加するだけで年間600万円近くかかるそうです。

 

そう。

試合で負ければ完全に赤字。

そもそも試合に参加できるほどの収入がないと参加すら出来ないのです。

 

釣りなんて運でしょ?という人もいます。

確かに他のスポーツに比べて運の要素は多いとも思います。

 

しかし、逆に運の要素が強い中で勝ち続ける人もいます。

それは間違いなく尋常ではない努力をした結果です。

 

伊藤巧選手は尋常ではない努力の末、優勝したのです。

 

同い年である彼の活躍はものすごく励みになります。

私もがんばらなきゃ!という気持ちにさせてもらいました。

 

全然書き足りないですが、長くなりそうなのでこの辺で。

 

 

本当に優勝おめでとうございます!!!

 

 

 

それではまた。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました