休日はルーティンが崩れがち

仕事

気づけば夜に

休日はルーティン(読書、英語学習、ブログ執筆)が崩れがちです。

 

朝はどれだけ寝ても遅刻はしない。

日中もやることは決まってないので気分次第。

 

何かをやれる時間が限定されている平日と違って

休日はいつでも出来ます。

 

このいつでも出来るというのが厄介で

時間があっても後でやればいいかと思ってしまい

ついついYoutubeを見たり漫画を読んだりしてしまいます。

 

そんなこんなで娘が起きてきて何もできない時間がスタート。

気づけば夜になってしまってます。

 

時間がないときはもっと時間があれば!と思いますが

時間があったらだらだらする時間が増えるだけで結局ルーティンに費やす時間はいつもと同じです。

 

これを経験すると時間がないから出来ないはただの言い訳に過ぎないなと感じます。

 

時間があろうがなかろうがやることはやるし、やらないことはやらない。

 

現時点での私の結論です。

 

ただし、物理的に出来ないということはもちろんあるので

平日は何時から何時までこの作業をする

休日は何時から何時までこの作業をする

などきちんとスケジュールを決めた上で行動計画を立てることが重要です。

 

こうすればこの時間はこれをやらないといけないと明確になっているので

言い訳しようがなくなります。

 

私の場合はこれをやるというところは決まってますが

何時にやるというところが定まってないので特に時間の自由度が高い休日には

だらけてなかなか手を付けないという状況になりやすいんだろうと思います。

 

わかってるのならやれよ

と思いますが、この考えは今このブログを書きながら思い至った結論です。

 

この記事書いてなければそこまで分析することはありませんでした。

ブログに書いたからこそ、なぜだらけてしまうのか?まで考えが及び、

解決策にたどり着くことが出来ました。

 

 

アウトプットを毎日続けていたからこその結果です。

 

思考の整理とアウトプットにブログは最適ですね。

これからも続けていきます。

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました