昇格試験

仕事

資料作りが難航中

入社12年目で2回めの昇格試験です。

 

私の会社では昇格の資格有りと判断された場合(ほとんど勤務年数で決まる)、

昇格試験を受けることになります。

 

自分がどういうポジションで何を考えて仕事をし、どんな成果を挙げているのか

をパワーポイントにまとめ、10分間で発表します。

 

社長以下執行役員全員の前での発表です。

そして発表後の質疑応答。

 

だいたいはここでボッコボコにされます。

 

それを耐えしのぎ、合格通知をもらえれば

晴れて昇格という流れです。

 

私は前々からこの制度に対して、

なんて無駄なんだろうと思っていました。

 

会社にとって何の利益にも繋がらない資料作りに膨大な時間をかけ(1ヶ月以上前から準備します)

自分の上司にも資料チェックをしてもらうので私だけでなく上司の時間も費やされます。

 

発表の際は社長、役員も拘束されます。

 

だったら最初から一定の成果を出した人を無試験で昇格するという制度にしたほうが

無駄もないしずっと効率いいだろと思っていました。

 

なので昇格試験を受けろと告げられたとき、

嬉しさよりもあ〜ヤダな〜という感情のほうが勝っていました。

 

 

しかし、いざ資料を作りはじめてみると

自分が普段、無意識にやっていることを言語化したり、

上司がどういう考えを持っているかを聞けたりとプラスになる面も多いなと感じ始めました。

 

社長や役員が自分に何を求めているかを先回りして考え

それに合うように資料を作っていく。

 

難しいですが、だんだんと楽しくなってきました。

 

自分の考えを言語化する

他人目線で考える

課題を見つけ解決策を考える

 

 

前向きに捉えると大事なことがたくさん見えてきました。

 

始めは後ろ向きでしたが

今となってはせっかくの機会だから活かそうと前向きに捉えることが出来るようになりました。

 

残り3週間、出来る限り準備しようと思います。

 

 

それではまた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました