ニコ備忘録 その8 穏やかな日常

長女ニコ、次女娘、三女ムギ

ニコが居ない生活にも徐々に慣れてきました。

 

涙が出ることも少なくなり、笑顔で人とも話せます。

まだ1週間と少ししか経っていないのにはるか昔のことのようです。

 

人間の脳は便利に出来ていますね。

ニコの死の瞬間が脳裏に浮かび、寝付けないということも無くなりました。

 

ただ、ニコの命日を境に睡眠時間が減っています。

生活リズムは変わっていませんがなぜか睡眠時間だけが短くなっています。

 

寝付きが悪いなどの自覚症状はないのですがApple Watchの計測結果を見ると短いです。

自分でも認識出来ないストレスがあるのかもしれません。

 

完全復活にはもう少し時間がかかりそうです。

 

 

では続きです。

 

 

ニコ備忘録 その7 破られたソファ
ソファ高かったのに・・・ 遺灰ブレスレットを買ってしまいました。 生きている側のエゴですが、これでどこに出かけても一緒。 ニコだけを家に置き去りにしてしまっているという罪悪感から開放されました。 気持ちを...

 

 

娘とムギが加わって賑やかになった我が家。

 

娘とムギは同い年ということもあり、行動が同じレベル。

似たようなものに興味を示しては取り合います。

 

人も犬も子どもの行動は同じなんだなと思いました。

 

ニコは2人よりも1歳お姉さん。

ちょっと離れたところから2人を見守ります。

 

いじられても怒ること無くされるがままです。

優しい子で本当に助かりました。

 

 

そして娘とムギが1歳、ニコが2歳になりました。

ニコの噛み癖も完全に治り、ムギも手がかからなくなってきました。

 

毎日起きていたトラブルもほとんど無くなり、ようやく平穏な生活が訪れます。

と言っても1歳の娘はまだまだやんちゃ。

 

どうしても娘中心の生活となってしまいます。

 

ニコをかまってやる時間は減ってしまいましたが、

ニコは娘の相手をしている私たちの様子を伺い、隙を見ては近づいてきて甘えてきます。

 

甘えたがりですが、娘を押しのけるようなことはしません。

娘を守るべき存在としてみてくれていました。

 

そんなニコなので、娘は一切怖がることなくニコに抱きついたり撫でたりしていました。

 

本当にいいお姉ちゃんでしたね。

 

娘が庭で遊んでいるときもニコが一緒なら安心です。

もし、怪しい人が近づいてくればすぐに吠えてくれるので心配いりません。

 

 

そんなこんなでニコ、娘、ムギといいバランスで仲良く暮らしていました。

 

私から見ると仲良し三姉妹という様相でした。

大きな事件もなく穏やかな日々が続いていました。

 

次の大きな節目は息子の誕生です。

三姉妹に初の弟が加わります。

 

続きは明日。

 

それではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました