草刈り機は大変危険です

生活

初めての草刈り機

そろそろ草刈りの季節がやってきました。
うちの庭はただの空き地に砂を撒いただけで防草処理したり、芝生を植えたりはしていません。

 

家が建った当時はきれいな真砂土の庭だったんですが、半年を過ぎたころから草が生え始め

今では夏になると犬が草に埋まって見えなくなるくらい生えてきます。

 

初めのうちは放置してましたがさすがにまずいと実家から草刈り機を借りました。

 

それまで一度も草刈り機を使ったことがなく、初めは恐る恐るでしたが
なんとか草刈りをすることが出来ました。

 

これが2年前。
それからは定期的に草刈りをするようになりました。

 

夏の時期は刈ってもすぐに生えてきます。
特に雨が降ると目に見えて草が伸びてくるのでイヤになります。

 

年に数回草刈りをすることが恒例行事となりました。

 

今年はまだ刈ってないのですがだいぶ伸びて来たのでやらないとなあと思っています。

 

 

エアコン室外機惨殺事件

さて、ここで草刈り機を使ったことが無い人への注意という意味合いを込めて
私の失敗談をお話しましょう。

 

去年の夏のことです。

 

例年通り、がんがん草が伸びたので草刈り機で庭の草を刈りました

 

メインの1番広い部分がきれいになったので終わろうと思っていたのですが
家の裏側にあるエアコンの室外機周辺も草がボウボウだったので

ついでにやってしまおうと草刈りを続行しました。

 

うちの庭にはところどころ直径2センチくらいのぶっとくて背の高い草が生えています。
種類は不明ですが私の背丈(170センチ)よりも高いです。

 

こいつがかなり厄介で、草刈り機をもってしても一撃では刈りきれません。
何回か削るように切ることでようやく刈ることが出来ます。

 

そんな草が室外機の周りにもたくさん生えていました。

 

ここでおさらいですが室外機の周りを刈っている時点で
炎天下の中、一番広い場所の草刈りを終えたばかりの私は疲れていました。

 

当然集中力も落ちていました。
握力や腕の力も無くなっています。

 

そこへぶっとい謎の草。
集中力の切れている私はこの草への注意力も落ちているので
草刈り機で一気に刈ろうとしました。

 

しかし、前述した通りこの草は太くて固いので一撃では刈れません

 

勢いよく草へとぶつかった草刈り機の刃は草の固さにはじき返されました。
力の無くなった私の腕はそれを支えることが出来ません。

 

はじき返されたそのままの勢いで草刈り機の刃は

 

ズギャン!

 

という音とともにエアコンの室外機を切り裂きました・・・。

 

 

エアコンの室外機からは白いガスが噴き出し、これはもうダメだな・・・と瞬時に悟りました。

 

ショックでしばらくぼーっと室外機から吹き出るガスを眺めていました。

エアコンは家を建てるときに買ったものなのでたった2年しか使ってません。
冬はほとんど使ってないので実質使ったのは1年以下という悲しさ

 

この事件はかなり引きずりました。

 

室外機だけを買い替えれないか確認しましたが
セットでしか販売してないとのことで結局新品をまるごと買い直すハメに。。。

 

まあ今思えば壊れたのがエアコンの室外機でよかったなとも言えます。
跳ね返った先が私の足とかであれば大ケガになっているところでした。

 

この経験があって以来、草刈り機を使う際には細心の注意を払うようになりました。
(トラウマなので室外機周辺は手で刈っています)

 

ショックではありましたが、いい経験にはなったと思います。

この経験のおかげで大ケガが避けられるようになったと思えば安いものです。

 

みなさんも草刈り機を使用する際は重々お気を付けください。

 

それではまた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました