居心地の良いお店とは

雑記

週末は外食

金曜の晩ごはんはだいたい外食します。

 

1週間仕事おつかれさまの意味と週末くらい飯作らんでもいいだろ

という2つの理由から金曜は外食することが多いです。

 

お店はは近所にある3,4軒の中からその日の気分でチョイス。

 

今日は定食も提供している居酒屋へ。

 

ここはコロナ騒ぎのときに市から配られたテイクアウト出来るお店一覧に

載っていたのを見て知りました。

 

試しにテイクアウトしたところ美味しかったので

その後もちょくちょくテイクアウトするようになり、最近はお店で食べるようになりました。

 

親父さんが1人で切り盛りされているので

提供に時間がかかるという欠点はありますが

個室で食べられるので子供連れでもゆっくり出来るところが気に入っています。

 

やはり、コロナの煽りで客足はかなり減っているようで

お店に行くとだいたい貸し切りです。

 

今日は珍しく他のお客さんもいました。

 

コロナでお客が減ってバイトも雇えないそうで

親父さん1人で全てを切り盛りされているのでお客さんが複数組いると大変そうです。

 

料理の提供も30分以上はかかります。

 

始めからわかってて行っているのでイラつきなどは全くないですが

知らずに来た人には苦情を言われているかもしれません。

 

ただ、会計のときに提供が遅れてすみませんと

少しだけ安くしてくれました。

 

こういうお店に来て思うのは

お店というのは店側と客側が一緒に作り上げるものなんだな

ということです。

 

お店とお客がお互いに尊重し合うことで居心地のいい場所が生まれる。

 

どちらか一方が相手を見下したり、横柄な態度を取ればいい雰囲気のお店は作れません。

 

 

お店とお客がお互いに尊重し合えるお店が居心地のいい本当に良いお店なんだろうなと思いました。

 

 

自分も店作りの一端を担っているという気持ちでお店巡りをすると

また違った発見があるかもしれないですね。

 

 

それではまた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました