一面だけ見て人を判断してはいけないと身を持って知った

子育て

3人組の小学生男子

今日は行ったことのない公園に初めて行くことに。

 

家から車で30分ほどで到着。

 

かなりの広さに芝生に多様な遊具、砂場も完備されていました。

想像以上にいい公園でびっくり。

 

到着するなり娘もテンション上がりまくりです。

 

芝生を走りながら遊具から遊具へと遊びながら進んでいきます。

特にお気に入りはローラーすべり台。

 

何度も何度も一緒にすべらされました。

 

ローラーすべり台は1番人気で遊んでいる子どもも多いです。

その中で小学3,4年くらいの男の子3人組がローラーすべり台で遊んでいました。

 

その子どもたちはローラーすべり台を下から登ったり、

途中で止まったりと自由に遊んでいます。

 

うちの娘がすべろうとしているときも

すべり台の途中で行ったり来たり。

 

娘が全然すべれません。

 

イラッとしたのでその子どもたちを睨みつけると

察したのかささっと降りていきました。

 

それからしばらく娘と遊んでいると

さきほど睨みつけた3人組が近づいてきます。

 

不審に思っているとそのうちの1人が話かけてきました。

 

 

あのー、キャンプ場までの道ってわかりますか?

 

 

この公園はキャンプ場も併設されています。

3人組の話によると親達は先にキャンプ場に行っており、迎えに来るはずがまだ来ない。

腹が減ったので親のところに行きたいが行き方がわからないとのことでした。

 

私も初めて来たのでわからなかったんですが

スマホの地図で場所を確認し、おそらくこの道だろうという場所を教えました。

 

無事に着いたかはわかりませんが

帰ってこなかったのでおそらく辿り着けたんだろうと思います。

 

すべり台で見たときは躾のなってないガキどもだなと思っていましたが、

話をしてみると素直でいい子たちでした。

 

それに知らない大人にきちんと知りたいことを聞けるというのは

すごいことだなと見直しました。

 

大人でも知らない人に話かけるには勇気がいるのに

ましてやさっき睨んできた相手ですw

 

一面だけを見てその人を判断してはいけないという教訓を

身を持って体験出来ました。

 

3人組ありがとう。

 

それではまた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました