吹き抜けの開放感と光熱費

生活

吹き抜けを作るなら光熱費アップを覚悟しとこう

吹き抜けっていいですよね。

開放感もあるし、見た目もなんかおしゃれに感じます。

 

私もなんかおしゃれ!って理由で吹き抜けの家にしました。

 

吹き抜けの家はいいです。

開放感があって部屋も広く見えます。

天井を見ながらぼーっとすることも増えました。

 

もちろん思ったとおり、おしゃれ度も爆上がりです。

おしゃれで開放感のある家で過ごしているとストレスも溜まりません。

大変満足しております。

 

ただし、、、

光熱費が高いです。

特に冬は1階がなかなか温まらないので暖房フル稼働です。

 

夏はまだいいんです。

冷気は下に溜まるので1階はすぐに冷えてくれます。

 

冬は2階から順に温まるので1階は温まるのにはかなりの時間がかかります。

断熱性能は高いので一度温まってしまえばあとは快適なんですが

それまでが長いので結局はほぼつけっぱなし状態です。

 

春夏秋に比べて冬は3倍近い電気代になります。

吹き抜けを作りたいと思っている方はそこを覚悟しておく必要があります。

 

 

その他の注意点

吹き抜けは家全体が繋がっている状態なので

焼き肉なんかした日には家中が焼き肉の匂いで満たされます。

 

窓を全開にしたり、空気清浄機を設置するなど工夫が必要になります。

 

あとは家の構造によりますが

吹き抜けに梁やファン、ライトなどがある場合は、ホコリが溜まったときの掃除が大変です。

高いところにあるので脚立に乗らないと掃除が出来ません。

 

高いところが苦手な私には脚立に乗って掃除というのは

なかなかに過酷な労働です。

 

 

デメリットをいくつか挙げましたが

トータルでは吹き抜けにしてよかったと心から思っています。

 

吹き抜けによる開放感は一度味わったら

もう吹き抜けのない家には暮らせないと思えるほどです。

 

これから家を建てようと思っている方はぜひ吹き抜けの家を検討してみてください。

 

それではまた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました