35歳になって野原ひろしの偉大さを知ることになる

雑記

35歳と言えば野原ひろし

先月誕生日を迎え、35歳になりました。

 

25歳を過ぎた辺りから自分の年齢というものに興味がなくなり、歳を重ねるごとに自分が何歳だったかわからなくなってきてます。

 

そんな訳で35歳になったと言っても何も変わりません。

精神的には20代、もっと言えば10代から変っていないような気がします。

 

 

ここで改めて35歳という年齢がどういうものか考えてみました。

 

 

35歳といえば「野原ひろし」です。

クレヨンしんちゃんの主人公、野原しんのすけの父です。

 

幼いころから大好きでずっと見ていたクレヨンしんちゃん。

もちろんコミックスも全巻持っています。

 

好きな劇場版は「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」と「電撃!ブタのヒヅメ大作戦」。

 

 

そんなずっーと年上だと思っていた野原ひろしとついに同い年。

 

 

いざというときはカッコいいけど仕事が出来ないダメサラリーマン。

子どもの頃からそんなイメージだったひろしですが、スペックを見ると全くそんなことありません。

 

むしろかなりのハイスペック。

 

 

双葉商事という商社に勤め、35歳で係長。

身長は180センチで月収は手取りで30万円。

 

マイホームも購入済みで、妻は6歳年下。

5歳と0歳の子どもがいて犬も飼っています。

 

 

めっちゃ勝ち組じゃないですか?

 

 

私の家族構成もひろしとほぼ同じ。

3歳年下の妻と3歳と0歳の子どもに犬。

マイホームも購入済みです。

 

しかし、給料は全然違います。

我が家は共働きじゃないとやっていけないです。

 

それに引き換えみさえは専業主婦。

ひろしってすごいですね。

 

大人になってわかるひろしの凄さ。

 

ひろしのようにカッコいい父親になりたいものです。

 

 

それではまた。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました